スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココ・アヴァン・シャネル ネタバレあり感想

coco.png

製作年:2009年
製作国:フランス
日本公開:2009年9月18日
上映時間:1時間50分
監督:アンヌ・フォンテーヌ
出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールボールド、アレッサンドロ・ニヴォラ



評価
(1/5)



あらすじ
若き日のシャネルの半生をたどった作品。父親に捨てられ姉と共に孤児となったシャネル(オドレイ・トトゥ)は成人してからも昼は服の修理屋、夜はナイトクラブのダンサーとして働いていたが、そこでシャネルに惹かれたバルザン(ブノワ・ポールボールド)の家に愛人として住み込むこととなる。そしてシャネルはバルザン邸にいる間に服飾の才能を開花させていき・・・




あの有名なシャネルの伝記映画です。
作成国がフランスなので、フランス語の映画です。
だから字幕がないとほんとに何喋ってるかわからない(笑)


前から見たいなーと思っていたのですが、レンタルショップに行くたびに忘れ、やっと見れました。

そんな感じで結構期待していた作品なんですが・・・・・・・いやぁ、つまんなかった。
まず、作中に共感できる登場人物が一人もいない!(笑)
みんなどうしようもないやつばっかり。

主要キャラ3人みんなクズってどういうことやねん・・・
脇役のシャネル姉がわりかしまとも人間に見えるくらい。



あんまり見ることはオススメしません。
実在のシャネルがどういう方だったのかは知りませんが、シャネルブランドが好きで、シャネルさんに勝手にいいイメージを持っている方は余計に見ない方がいいと思います。

この映画、シャネルが監修してるはずなんだけど、どうしてこうなったんだ・・・


~以下感想にネタバレあり~
















・おおまかなストーリー

シャネルとシャネル姉、父に捨てられ修道院で育つ

成人したシャネル姉妹は昼は針子、夜はナイトクラブのダンサーとして働きながら歌手(ダンサー?)を目指す生活を送っている。(オーディションには落ちまくってるっぽい)

ナイトクラブで出会った軍人・バルザンと仲良くなり、彼の推薦でオーディションを受けるも、見事落ちる。

シャネル姉が軍人と結婚する、とかいって彼の家に引っ越してしまって一人になったシャネル。
なぜか彼女もバルザンの元へ押しかけバルザン邸で居候(愛人?)生活を始める。

なんども追い出されそうになるも、図々しく居座る。

バルザン邸に居座っている間に、屋敷をおとずれる人の服や帽子に手を加えて、それが好評を博す。

なんの脈絡もなく突然バルザン邸にちょくちょく現れるようになったイケメン・ボーイと恋仲になり(バルザンの愛人なのに)、彼に出資を受けて店を出すと言い出しバルザンの元を去る。

帽子の仕立て屋としてシャネル一号店開店。
結構人気になる。

ある日ボーイが自動車で事故死する。

悲しみにくれるシャネル。

それでも仕事頑張るシャネルさん。

と思ったら突然のエンドロール。





・ひたすら煙草すってるシャネルさん

愛煙家だったことで有名なシャネル。

でもこんなに吸ってないんじゃないかってレベルで吸ってます。
ダンサーの出番が終われば吸う、バルザンとクラブであったときに彼の持ってる煙草入れから煙草かっぱらって吸う、オーディション落ちたら吸う、シャネル一号店で仕事してる最中も吸う、ボーイの死にくれながら仕事頑張るときにも吸う、とひたすら煙草吸ってます。

仕事中にも煙草すってるってどうなのよ、昔は普通だったの?


仕事中に仕事ほっぽり出して部屋に戻ってボーイといちゃいちゃしだすのは普通じゃないと思うけど。




・態度のでかいシャネルさん

なんだかやたらに態度のでかいシャネルさん。
冒頭で出てきたときは言いたいことをズバズバ言うタイプの人って感じで出てきて、バルザンもそこを気に入ってかわいがってくれていたりしたので、そういう人なんだなーと思ってみていたんですが、どうもそうじゃない。

バルザンになんか言われたときも居候の分際で謎にでかい態度をとってるし、まだシャネルの才能が認められる前の段階で、優雅な暮らしをしている高貴な身分の人々のファッションをなってないとか言って小馬鹿にしてみたり(この時点ではシャネルの才が認められてないのでただズレてる人にしか見えない)となかなか歪んでます。

まったく同情の余地がないので見ててイライラしてきます・・・
こんな人が世界的ブランドの創設者だったのか??



・突然のエンドロール

そして突然終わるこの映画。
最後いろいろ端折ってます。

ボーイが事故死するところまではいいのですが、そこからなにか一つあるかと思いきや、頑張っているシャネルさんの姿を何カットか写した後になんの脈絡もなくシャネルファッションショーのシーン、そしてシャネルは有名になりましたとさ、めでたしめでたし、的な文章が流れてエンドロール。

最後駆け足過ぎるでしょ・・・






作品自体がオススメしたいようなものではないので、当然お気に入りのシーンなんてものはありません。
今作のシャネルさん見てイライラしなかったらあなたはよっぽど心の広い人なんじゃないかと思います(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sho

Author:Sho
映画好きな大学院生♂です。
主に見るのは洋画、邦画はあんまり見ないかな。
好きなスターにはファンレターを書いてみることも。
海外スターにあったことがないから、実際に会うのが目下の夢!
Chloe Grace Moretzの大ファン。クロエがらみの記事が多めです(笑)
プロフの写真は男装(?)のクロエちゃん。

僕の記事を読んで映画を見る参考にしていただけたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
★ (3)
検索フォーム
映画関連
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。