スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークナイト ネタバレあり感想

darkknight2.jpg

英題:THE DARK KNIGHT
製作年:2008年
製作国:アメリカ
日本公開:2008年8月9日
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール、マイケル・レイン、ヒース・レジャー、ゲイリー・オールドマン、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、モーガン・フリーマン



評価
★★★★★(5/5)


あらすじ
悪のはびこるゴッサム・シティーを舞台に、ジム警部補(ゲイリー・オールドマン)やハービー・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、バットマン(クリスチャン・ベイル)は街で起こる犯罪撲滅の成果を上げつつあった。だが、ジョーカー(ヒース・レジャー)と名乗る謎の犯罪者の台頭により、街は再び混乱と狂気に包まれていく。最強の敵を前に、バットマンはあらゆるハイテク技術を駆使しながら、信じるものすべてと戦わざるを得なくなっていく。(シネマトゥディより引用)





久々に見たくなったから見てみました!

今更ダークナイトのレビューか!って思った方いると思いますが、せっかく見たのでレビューします(笑)



そんなことをやってないでガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとかLUCYとか猿とか見てこいよ!とか言われそうですが、ガーディアンズのほうは見る機会逃したのでもしかしたら見ないかもです;;
名作らしいので是非見に行きたいですけどね。
LUCYはCMみて個人的にはうーんだったので見なくていいかとか思ってます。
人間の脳が100%機能したら時間停止も使えるっていう設定にはあんまついていけないです・・・
だったら脳の覚醒じゃなくていいじゃんって思っちゃったんでダメです、多分見ません。
猿は前作をみてません!はい。


ダークナイトは名作と名高いですよね。
3部作の最初とか、3部作自体が名作と言われることはあっても3部作の真ん中の作品が名作といわれることは中々ない、というかこの作品しか知らないです(笑)
darkknight5.png


ジョーカー役のヒース・レジャーが作品の完成前に死んでしまったという悪い意味でも有名です。



そんなわけで僕もミーハーなことに実写バットマンシリーズを今作しかみてなかったりする(全部見てる人に怒られそうだけど・・・)んですが、今作だけみても充分楽しめます。
なのでシリーズ物だし、って避けてる人は是非見てみるといいと思いますよ。



~以下感想にネタバレあり~












・おおまかなストーリー

冒頭、ジョーカーがマフィア傘下の銀行相手に真昼間から堂々と、しかも大胆に銀行強盗をやってのけて逃走

バットマンことブルースはゴッサム市警のジム、さらには新任の地方検事のデントと協力し、マフィアのマネーロンダリングを討伐することに

デントの手によってマフィアが一斉検挙される。

デントと市長が会話している間近に死体が降ってくる。
そしてテレビでジョーカーからの映像が放送され、死体がジョーカーの手によるものと判明。

ジョーカーがバットマンの正体が判明するまで市民を殺害すると予告

デントはブルースのパーティーに招かれる。

デント以外の殺害予告対象者死亡。
新たに市長の殺害予告

パーティーにジョーカー乱入。デント殺害にくるがバットマンと交戦し、撤退。

ジョーカーに殺害された市警本部長の葬式で市長が演説中に襲われる。
ジムが市長をかばって撃たれる。

デントがジョーカーをおびき寄せるため自分がバットマンだと記者会見で偽証。

デントの護送車をジョーカーが襲撃。
そこにバットマンが登場し、実は生きていたジムと共にジョーカーを確保

デントとその恋人でブルースの幼馴染レイチェルが行方不明に
ジョーカーの手下達に拉致され、時限爆弾をつながれていると判明。

バットマンがレイチェル救出に向かうも、レイチェルが監禁されているといわれた場所にいたのはデント。
デントを救うも、デントは顔の半分に大やけどを負う。
レイチェルは爆死。
ジョーカーは留置所を爆破して逃走

ジョーカーがテレビで声明を発表したことでゴッサムシティは大混乱に。

ブルースは盗聴器を使ってジョーカーの居場所を探し当てる。

ジョーカーと戦闘の末、勝利。
ロープでジョーカーを捉え、逆さ吊りにして立ち去る。

そのころデントはレイチェルの死に関わった人間に対し、警察関係者も含め次々復讐していた。
そしてジムの家族を人質にとり立てこもっていた。

そこにジョーカーを倒したバットマン急行、銃で撃たれるも、デントを自分もろとも階下に突き落とし死亡させる。

正義の味方であったデントが悪に染まり、人を殺害したことが市民に知れればゴッサムシティが再び絶望に陥ることを恐れたバットマンはデントの殺人はすべて自分の責任にするように言い残し、警察から逃げながら去っていく。



大事なところ全部書くと逆にわかりづらくなると思ったので割と端折りましたが大筋はこんな感じです。

原作読んでないけど、デントは出て来たときからヴィランになるだろうなーってすぐわかりましたね。
アメコミ映画でやたらいい奴、かつ非戦闘要員はかなりの確率でヴィランになる!

ヴィランになったデント(ヴィランの時の名前はトゥーフェイス)はなかなかグロいです。
顔の半分が筋肉むき出しなので最初見たときビビります(゜ロ゜)


バットマンがレイチェルの救出に行ったはずがそこにいたのはデントっていうシーン、最初に見たときはバットマンが幼馴染レイチェルよりもゴッサムシティの未来を託すに値すると見込んだデントを悩まず救出に行ったのかと思ってバットマンイケメンだな~と思ってました。
あれはバットマンがジョーカーに嵌められただけなんですが、どう思ってみるかで大分印象変わりました。





ゴッサムシティがジョーカーに封鎖されるシーン、あれはゴッサムシティの形状を知らないとなんでみんな橋が実質封鎖されただけでパニクってんのか意味わかんないシーンだと思います。

ゴッサムシティの形状はこんな感じ↓
darkknight1.png



はい、ゴッサムシティから陸路で他の都市に行くには橋をわたらないといけないんです!
だからジョーカーが「嫌なら街を出ろ、ただし橋には気をつけな」って言ったことで街中大パニックになったって訳なんです。


・雑感

今作はヴィランが2人とも不気味で好きでした。

特にジョーカー。
ヒース・レジャーが死後に数々の賞を受賞した演技でも有名ですね。

登場シーンの銀行強盗で共犯者全員を殺し合わせて自分が金を総取りするシーンでジョーカーのヤバさは充分伝わってくるのですが、その後も不気味さを常に湛えていて怖いです。

見た目も相当不気味だけど動きの方が不気味なキャラクターだと思います。
ちなみに今作のポスターはジョーカーしか写っていないという変わったつくりになってます。
バットマンの作品だけどジョーカーの映画でもあるっていうことの表れみたいです。
darkknight3.jpg


トゥーフェイスは普通に不気味だと思いました(・_・;
グロ系スプラッター系の演出がてんでダメな僕は左側が出てるときは直視できない・・・
人体模型みたいなグロさです。
darkknight4.png
もとはこんなイケメン正義漢だから変貌っぷりが凄まじい・・・



そしてキャラの不気味な見た目に反して作中の登場人物は誰一人超人的能力をもってないってのもSFアクションばっかり見てる身からしたら久々で新鮮な気持ちで見れました。
唯一バットマンがバットスーツのおかげでビルの上から落下しても死ななかったりしますけど、まぁそれくらいはいいかと。

同じスーツでもアイアンマンみたいに超高性能って訳でもなく、本人のスペックに頼るところ多いですし。







悪かったところは、強いて言えばゴッサムシティがそこまで治安悪そうに見えなかったことですね。
昔、バットマンのアニメを見たことがあるんですが、それはなんかもう毎日ヤバい犯罪当たり前みたいな(アニメだからそうしないと面白くないからかもですが)街だったので、そのイメージでみたら拍子抜けしちゃいました 笑

でもそこだけです。
あとは特に気にならなかったので、やっぱり沢山の人が名作と絶賛するだけの仕上がりになってます。


有名な映画を見たい、という方はこれを読んだ機に是非!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sho

Author:Sho
映画好きな大学院生♂です。
主に見るのは洋画、邦画はあんまり見ないかな。
好きなスターにはファンレターを書いてみることも。
海外スターにあったことがないから、実際に会うのが目下の夢!
Chloe Grace Moretzの大ファン。クロエがらみの記事が多めです(笑)
プロフの写真は男装(?)のクロエちゃん。

僕の記事を読んで映画を見る参考にしていただけたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
★ (3)
検索フォーム
映画関連
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。