スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルヴァリン SAMURAI ネタバレあり感想

samurai.jpg

英題:THE WOLVERINE
製作年:2013年
製作国:アメリカ
日本公開:2013年9月13日
上映時間:2時間5分
監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:ヒュー・ジャックマン、TAO、真田広之、福島リラ



評価
★★(2/5)



あらすじ
カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救ったことのある日本人実業家・矢志田からの願いで、彼の部下ユキオ(福島リラ)と共に日本へと向かう。不敵なまなざしを向ける矢志田の息子シンゲン(真田広之)に迎えられ、病身の矢志田と再会したローガンは彼から謎めいた言葉を告げられる。ほどなくして亡くなった矢志田の葬儀が執り行われるが、そこをギャングたちが襲撃。ローガンは矢志田の孫娘・マリコ(TAO)を連れ、その混乱から逃げ出すが……。(シネマトゥディより引用)





X-MENシリーズで唯一見てなかったSAMURAI、やっと見ることができました。
これに関しては見たい映画がたくさんあって先送りにしてた、というよりはシリーズで一番面白くないっていう評判を聞いていたから見てなかっただけですが(^^;;

ウルヴァリンZEROと同じく他作品との矛盾も生んでるっていう話もありますし

地元のレンタル屋さんでセールやってなかったらまだ見てなかったかもしれません(笑)

~以下感想にネタバレあり~














日本を舞台にしたウルヴァリンの話ってどんな感じなのかなーと見る気なかったなりに期待してみたんですが、なんか違うなぁって感じでした。

そもそもミュータントがウルヴァリンとヴァイパーしか出てこないからあんまりX-MENっぽさがないし。
やっぱり特殊能力がないとX-MENっぽさがないですね、戦闘シーンとか特に。

唯一ウルヴァリン以外のミュータントとして出てくるヴァイパーも毒の能力っていうサポート向きの能力なので戦闘は激しくないですし・・・


シルバー・サムライは今作ではミュータントどころか人間ですらなくて、鎧の形したパワードスーツっていう扱いです。
あと、弓の名手ハラダも原作ではミュータントです。
というか、原作ではハラダ=シルバー・サムライなのが今作では完全に別人として描かれてて、原作から入った人を騙しにかかってるのかなぁって思いました。
僕は原作を読んだわけではないので、ほーって思いながら見てましたけどね(笑)



・おおまかなストーリー

第二次世界大戦末期、長崎
ローガン、長崎で何故か捕虜収容所のマンホール内に収容されてる。

B29襲来、矢志田は米兵捕虜を次々解放し、1人厳重にマンホールinされてたローガンも助けるも、空爆が始まってて逃げられないと悟り自害しようとする。

ローガンに止められて、ついでに空爆(原爆?)から逃れるためにローガンが入ってたマンホールへダイブ。

ローガンが矢志田に覆いかぶさる感じになって矢志田を助ける。

現代
ローガン、カナダで謎の引きこもり生活。

バーでチンピラに絡んでいたところをユキオに連れ出され、日本に来てほしいといわれる。

行ったら矢志田死にそう。矢志田に治癒能力を譲ってくれといわれるも、これは呪いだからやめとけっていういつものセリフを吐いて拒否。

翌日矢志田死亡。

葬式の場でヤクザがマリコを狙って襲ってくる。

ローガンとマリコで矢志田家の別荘がある長崎へ逃避行。

マリコがローガンの手当てをしたり、ローガンが矢志田との思い出のマンホールの話をすることで仲良くなる。

仲良くなった矢先にヤクザにマリコ拉致られる。

拉致ったのは父シンゲン。矢志田が財産をマリコに譲るって言ったからシンゲンとしてはマリコにしんでほしかった。

シンゲンがマリコを殺そうとしたとき、今度はヴァイパーとハラダがやってきてマリコを拉致。

ローガン、ユキオと組んでマリコを救うべく変な研究所に向かう

シルバー・サムライと対決
ユキオはヴァイパーと対決

シルバー・サムライは実は死んだはずの矢志田。ローガンから治癒能力を奪いたくてシルバー・サムライ作ったらしい。


ヴァイパーを倒してやってきたユキオの協力もあってシルバー・サムライ撃破


samurai2.jpg


ヒロインが二重に拉致される、シルバー・サムライが矢志田っていうのはびっくりでした。
だってヴァイパーが捉えたローガンを尋問してる間ずっと玉座みたいのに鎮座してるんだもん、完全にロボットだと思うじゃないですか!
あと今作のシルバー・サムライはアダマンチウム製だからローガンがおっかなびっくり戦ってるのも印象的でした。

そして今作では中盤ローガンの治癒能力が封じられます!
ヴァイパーの作った寄生虫みたいので封じられるんですが、ここだけいうとヴァイパーめっちゃ強そうに聞こえるっていう・・・

シルバーサムライの能力吸収装置みたいのもヴァイパーがつくったんでしょうね。
サポートとしてはかなり強いミュータントだと思います。
戦闘は非ミュータントのユキオにやられるレベルだけども・・・






とまぁ褒めつつも、やっぱり最初に書いたような点が気になるっていうのと、ヒロインのTAOさんがモデルさんだからか演技が下手っていうのが大きいですね。




・他作品との矛盾

ウルヴァリンシリーズはそもそも他のX-MEN作品との矛盾があることで有名なんですが、今作でもいくつか矛盾があったりします。
ZEROよりはましですが。

まず最初、何故かカナダ山中で仙人状態になってるわけですが、これが謎。

ファイナル・ディシジョンで多大な犠牲を払いながらも勝利して学園に帰ってきてなくなった者たちの意思を継ごう、見たいになったのになんで一人隠遁生活してるのだろうか・・・


あと、物語の発端となる第二次世界大戦当時は前作ZERO通りなら兄貴セイバートゥースと一緒に戦争に参加してたんじゃなかったか・・・
しかもZEROの最後にはアダマンチウム銃で脳打ち抜かれて記憶飛んでるし、記憶飛んでる設定は3部作の最初でも描かれてるからどっちにしろ矢志田との思い出なんてなくないか・・・・・




そしてちょくちょく出てくるジーンの幻影
幻影出てくるほどの仲だったのか2人???
確かにフェニックスになったジーンを殺した罪悪感はあるだろうけど、添い寝ででてくるのはなんか違うだろ・・・


っとまぁ、なかなか設定に関してはムチャクチャな作品です!

samurai3.jpg



ウルヴァリンシリーズはX-MENシリーズとよく似たパラレルワールドだと思って見た方がいいかもしれませんね。


とはいっても、この作品の最後でトラスク社がどうしたみたいな宣伝が流れてたり、マグニートーとプロフェッサーがローガンの前に現れて強大な敵が来るから力合わせるぞみたいな『フューチャー&パスト』に続くようなこといってるんでなかなかややこしいですが・・・・・




僕が選んだ名シーン

このシーンは!っていうシーン、この作品ないんですよね。
しいていえばシルバーサムライのCGかっこよかったくらい。

ラブホテルのシーンもなんか場末っぽくてうん?って感じでしたし。
あのシーンは外国の方に伝わるのだろうか・・・・ラブホって確か日本文化だよね??





うーん、X-MENシリーズを全作見た後に見たけど、一番つまらなかったです
ZEROと違って本編に直接のかかわりはないし、別に見なくてもいいかなーって感じでしたね。

ただ、Blu-ray収録のもう一つのエンディングはみるとクスッとくるので、そこだけ見てみてもいいんじゃないでしょうか(笑)




ちなみに、シルバーサムライがミュータントしてる姿はアニメ『ディスクウォーズ:アベンジャーズ』第10話で見れます。
こっちのほうが設定は原作に近いらしいので、シルバーサムライがミュータントしてるところが見たい人は是非!





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sho

Author:Sho
映画好きな大学院生♂です。
主に見るのは洋画、邦画はあんまり見ないかな。
好きなスターにはファンレターを書いてみることも。
海外スターにあったことがないから、実際に会うのが目下の夢!
Chloe Grace Moretzの大ファン。クロエがらみの記事が多めです(笑)
プロフの写真は男装(?)のクロエちゃん。

僕の記事を読んで映画を見る参考にしていただけたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
★ (3)
検索フォーム
映画関連
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。