スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロエちゃんの新作映画"Clouds of Sils Maria"&"The Equalizer"予告編

さてさて、今日もまた日本ではまだ公開するかもわからないクロエちゃん出演作の予告編を紹介していきます!(笑)


・Clouds of Sils Maria


まずは"Clouds of Sils Maria"
いま、フランスではカンヌ国際映画祭がおこなわれているんですが(14日~25日まで)この作品は現地時間の昨日(24日)に現地で先行公開された作品です!


あらすじ
Maria Enders (ジュリエット・ビノシュ)がその俳優キャリアのピークを迎えているとき、彼女が20年前にブレイクするきっかけとなった作品のリバイバルがつくられることになります。そして、彼女は当時の自身が演じた少女の役をJo-Ann Ellis(クロエ・グレース・モレッツ)に演じてもらい、自身はその少女に自殺に追い込まれるボスの役を演じることになり・・・



Sils Mariaっていうのはスイスの自治体の名前らしく、この自治体は人口がめっちゃ少ない自然豊かなところっぽいです。
この作品の舞台は都会とSils Mariaの二箇所っぽいですね、あらすじと予告編を見てる限りでは。


今回クロエちゃんの役はハリウッドスターの役なので、いつもの作品に比べるとクロエちゃんまんまって感じが強いかもですね。
ただちょっと性格アレな感じな役っぽく見えますが(笑)


この作品は今のところ日本での公開予定は未定です!
カンヌで高評価をうけて日本での上映が決定してくれるといいなぁ・・・・・



・The Equalizer

もうひとつの作品は"The Equalizer"
クロエちゃんが少女娼婦役を演じることでちょっと日本の映画ニュースサイトでも取り上げられていたこともあります。
今日はじめて作品のトレーラー(予告編)が公開されました!


あらすじ
引退した秘密諜報員のRobert McCall (デンゼル・ワシントン)は無力な人々のための自警団員になっていた。彼は少女娼婦のTeri(クロエ・グレース・モレッツ)を救うべくロシアンマフィアに立ち向かう。



デンゼルさんかっこよすぎ・・・。
正直クロエちゃんの役より気になります(笑)
時間はかって敵倒すのは男のロマンですよね!(違う?)


少女娼婦役のほうがハリウッドスター役よりクロエちゃんっぽい役だと思っちゃうのはやっぱりクロエちゃんがアウトロー系のキャラクターを演じるのが普通になってきてるからですかね~


こっちは日本でも公開の予定があるとかないとか(すいません、どっかで公開するみたいな情報を見た気がしなくもないのですがどこだったか忘れてしまったので・・・)
こちらはアメリカで9月26日公開予定です。

chloe_moretz_equalizer_set_boston_19.jpg
↑撮影中の一風景です、かわいい^^


どっちの作品もまだまだ現地公開までは期間がある作品ですが、どっちも是非日本でも公開してほしいな!って思って待ってます^^
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sho

Author:Sho
映画好きな大学院生♂です。
主に見るのは洋画、邦画はあんまり見ないかな。
好きなスターにはファンレターを書いてみることも。
海外スターにあったことがないから、実際に会うのが目下の夢!
Chloe Grace Moretzの大ファン。クロエがらみの記事が多めです(笑)
プロフの写真は男装(?)のクロエちゃん。

僕の記事を読んで映画を見る参考にしていただけたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
★ (3)
検索フォーム
映画関連
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。