スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメイジング・スパイダーマン2 ネタバレあり感想

sdfghj.jpg

原題:THE AMAZING SPIDER-MAN 2
製作年:2014年
製作国:アメリカ
日本公開:2014年4月25日
上映時間:2時間23分
監督:マーク・ウェブ
出演:アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、ジェイミー・フォックス、デイン・デハーン、コルム・フィオール、フェリシティ・ジョーンズ、ポール・ジアマッティ、サリー・フィールド




評価
★★★(3/5)



あらすじ
スパイダーマンとしてニューヨークの平和を守り、グウェン(エマ・ストーン)との関係も好調なピーター(アンドリュー・ガーフィールド)。だが、旧友のハリー・オズボーン(デイン・デハーン)がニューヨークに戻ってきたのを機に、充足していた生活が微妙に変化していく。そんな折、人間発電機エレクトロ(ジェイミー・フォックス)という敵が出現。苦闘を強いられる中、追い打ちをかけるように怪人グリーン・ゴブリンとなったハリー、さらにはサイ型パワードスーツを装着したライノ(ポール・ジアマッティ)が襲い掛かってくる。(シネマトゥデイより引用、部分改変)











やっと見てきました、アメイジング・スパイダーマン2!
というわけで早速レビューします!
ほんとは公開した週に見に行ってレビューもあげたかったんですけど、ちょっと遅くなっちゃいました。
前作が結構面白かったので期待して見に行ったんですが、結果は評価の通りまぁまぁでした。
何を書いてもネタバレになりそうなので、ネタバレの度合いで二段階に分けますね(笑)

まったくネタバレしてほしくない!という方はごめんなさい。
映画見終わってからまた読みにきてくださいな





~以下感想にネタバレあり~















まず、敵キャラ3体の扱いに差がありまくりです。

今作でのメインの敵はエレクトロになってます。CM、ポスターでもエレクトロが今作メインの敵みたいな扱いになってますが、その通りで戦闘シーンはほとんどエレクトロとの戦いです。

つまり、前作で割と重要人物だった主人公の幼馴染であり、敵となるハリー・オズボーン/グリーン・ゴブリンはほとんどサブキャラ的な扱いです。
ただ、彼は生き残っていて次回も登場しそうな雰囲気満々だったので今作は次回への布石みたいな感じだったのかもしれません。



あと、予告編での「オズコープ社は君を監視していた」って言うシーン、ありません。
途中でシナリオ変えたんだと思われます。





さて、それではそれぞれの敵キャラとの戦闘を紹介していきたいと思います。


・エレクトロ

erectro.png

今作の主要敵キャラクター
エレクトロに変身する前は友達いない上に虚言癖、思い込み激しい、妄想激しいっていうとんでもない奴です。
事故でエレクトロに変身した後も思い込みの激しさから過去に助けてくれたスパイダーマンを憎むこととなり、その上「君が必要なんだ!」とかいって共闘を持ちかけてきたハリーにあっさり利用されることになります。

ちょっとかわいそう・・・。
実際に近くにいたら絶対にお友達になりたくないけど(笑)



スパイダーマンとの戦いは二戦あって、一戦目は引き分けますが、二戦目はお互いにパワーアップした状態で戦います。
スパイダーマンは対電圧のウェブシューター(手首についてるクモの糸出す力増幅させる装置)を開発し、エレクトロのほうはオズコープ社で改造をうけて体を電気化して空中を移動できるようになります。


スパイディに比べてエレクトロの強化著しい・・・



そんで迎えた二戦目はエレクトロがハチャメチャにした発電所内で闘うわけなんですが、エレクトロに大量の電気を流し込めば耐えられなくなってバッテリーみたいに爆発起こすんじゃない?っていうグウェンの提案を彼女と共同で実行し、バッテリーよろしくエレクトロを爆発させて倒すことに成功します。


非戦闘要員のヒロインと共同で闘って勝利するってのはヒーロー物の王道ですね。
予告編のときからこいつはどうやって倒すんだろうって思っていたんですが、強い奴はそいつ自身の能力で倒されること多いなぁーって思ってみてました。



・グリーン・ゴブリン

gg.png


オズコープ社の若き社長にしてピーターの幼馴染、ハリーがピーターが噛まれたクモの毒と同じものを投与したら変身してしまった姿。

エレクトロをやっとこさ倒した後に登場し、スパイダーマンと死闘を繰り広げた末に破れ、刑務所に収監されます。

が、そこはオズコープの社長、どうも刑務所でもなんかたくらんでるっぽいです。
これも次回に持ち越しですが・・・






うーん、ハリーを出す予定があるんだったら前作から布石打っといてほしかったってのが正直なところです。
今作でいきなり登場して幼馴染でしたって言われても、旧3部作見てない人は?ってなると思うし、見てる側としては親友が敵になった絶望感みたいのあんま感じられませんでした。



・ライノ

今作最大のモブ戦闘員
映画の最初に、プルトニウム強盗犯やってるこいつとの戦闘シーンがあるんですが、そのときのほうが尺も長いし活躍しているっていうまさかの展開。

ライノの装備をつけて登場するシーンは予告編と同じくらいの尺しかありません。




しかも決着つかないという・・・


予告編でスパイディがマンホール投げつけてるシーン、あのシーンで今作終わっちゃうんで決着は次回の冒頭なんでしょうか?

これで次回はライノ撃破後の話だったら原作ファンのためのサービスカットとして登場したとしか思えないかませっぷりですね(笑)


あ、ちなみに今しれっといいましたが、今作のラストはライノ戦が始まるところなんで、次回につなげる気満々の終わり方です。
すっきりした終わり方望んでる人には不評なラストな気がします。










んで、各種雑誌でも宣伝の一文句として書かれている通り、今作の最後では重大な出来事がおきます


~以下は重大なネタバレを含みます~






























グウェンが死にます
グウェン



はい、エマ・ストーン演じるピーターの恋人グウェンが今作でお亡くなりになります。

グリーン・ゴブリンとの戦闘の終盤に吹き抜けから落下、墜落を阻止しようとするも助けたときには時既に遅し、って感じで死んでしまいます。

割とあっけないです、最期の会話とかもなく死んじゃいます。

高校卒業のシーンのスピーチの内容とか、イギリス留学のくだりとか、後から思い返せばあれがフラグだったのかと思うシーンはいくつかありましたが、まさかヒロインが2作目で死ぬとは思っていなかったのでびっくりです。

ただ、ヒロインが死んだというのにグウェンの死から立ち直る過程があんまりよく描かれてないので、そこで結構評価落としているところはあります。
グウェンが死んだ悲壮感はすごいよく伝わってくるんですけどね・・・

ちなみに原作のアメコミでもグウェンはグリーン・ゴブリンとの戦いで死んでしまうそうです。





ところで、、、


三部作だか四部作構成にするっていう話でエマとも続編二作分の契約を交わしたんじゃなかったんですか!

まさか幻影として登場するとか?

グウェン父も今回幻影で登場してたし・・・






とまぁいろいろ書きましたが、今作は次回へつなげるためのつなぎ要素が多かったように見えたので個人的には★★★の評価になりました。

いろいろ盛り込んでいたっぽいので次作が楽しみではありますが、今作単体でももう少し楽しめるようにしてほしかったなぁっていうのが正直なところです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sho

Author:Sho
映画好きな大学院生♂です。
主に見るのは洋画、邦画はあんまり見ないかな。
好きなスターにはファンレターを書いてみることも。
海外スターにあったことがないから、実際に会うのが目下の夢!
Chloe Grace Moretzの大ファン。クロエがらみの記事が多めです(笑)
プロフの写真は男装(?)のクロエちゃん。

僕の記事を読んで映画を見る参考にしていただけたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
★ (3)
検索フォーム
映画関連
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。