スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒューゴの不思議な発明 その1 ネタバレなし

hugoposter.jpg

原題:HUGO
製作年:2011年
製作国:アメリカ
日本公開:2012年3月1日
上映時間:2時間6分
監督:マーティン・スコセッシ
出演:エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ベン・キングズレー、サシャ・バロン・コーエン



評価
★★★★★ 5/5




あらすじ
1930年代のパリ。駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)の唯一の友達は、亡き父が残した機械人形だった。壊れたままの人形の秘密を探る過程で、彼は不思議な少女イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)とジョルジュ(ベン・キングズレー)に出会う。そしてヒューゴの手によって修復された機械人形をきっかけに、玩具屋の主人ジョルジュの過去、孤児ヒューゴの運命、そして映画にまつわる知られざる歴史が導きだされていく…。(シネマトゥデイより部分引用、改定)







今日紹介する映画は僕が一番好きな映画です!なので、回を分けてレビューしたいと思います。

僕が「何かオススメの映画ない?」って人に聞かれたときに僕が真っ先に答えるのがこの『ヒューゴの不思議な発明』なのですが、それくらいこの映画は面白いと思っているので、できればネタバレレビュー(次回の記事)を見る前に映画のほうを見ていただけたら嬉しいなって思います!
劇場でもう一回公開してくれないかなぁってずっと思ってるくらいお気に入りの一作です。


今回はキャラ紹介がメインでネタバレは一切ありません。
次回の記事でネタバレは書きます。


この映画の何が好きかって聞かれたときになんて答えようかは割といつも悩むんですが、やっぱりこの作品から映画への愛がめちゃくちゃ感じられるっていうところが好きです!
映像が凄く綺麗とか、ストーリー結構いい話とか、クロエちゃんが超かわいいとか理由はいっぱいあるんですが、一番の理由はこれですね。

「は?映画への愛?意味わからん」って思う方も大勢いるかと思いますが、これは見てもらわないことには説明できないです(笑)。
とりあえず作品の中で映画の歴史が絡んでくるっていうことだけいっておきます。

見終わった後には「この作品のスタッフ、映画本当に好きなんだなぁ」っていうのを感じられるんじゃないかと思います。




そして、そんな映画愛にあふれたこの作品の主要登場人物が以下の3人です。
ネタバレにならない範囲で紹介していきますね。



・登場人物



●ヒューゴ・カブレ(エイサ・バターフィールド)

hugo2.png

この作品の主人公。
駅の時計台に隠れて暮らす孤児。
駅の裏側の内部構造に詳しい上に、身内がいなくお金も持っていないっぽいため基本的に食べ物はくすねていたりとかなりサバイバル能力が高い。
ひっそりと生きているために人間の友達はいなく、壊れた機械人形が唯一の友達。
機械人形を直すことが目下の目標。



●イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)

hugo3.png

本作のヒロイン。
ジョルジュ夫妻が彼女の名付け親であり、幼い頃に本当の両親をなくしている彼女は彼らに育てられた。
本の虫で、駅の中(?)にある図書館が大好き。
そのため、本の中の話のような冒険に憧れている。
ただ、パパ・ジョルジュが映画を見るのを認めてくれず、生まれてこの方映画というものを見たことがない。





●ジョルジュ・メリエス(ベン・キングズレー)

hugo1.png

本作のもう一人の主人公。
イザベルの育て親で、駅のおもちゃ屋さんの店主。
イザベルが彼を人の前で呼ぶときはパパ・ジョルジュという。
機械人形の修理のパーツ集めのためにちょくちょく店の商品をを盗んでいくヒューゴを目の敵にしているが、あるときヒューゴを捕まえたときに取り上げた手帳を見て動揺をあらわにする。
彼と機械人形の関係は・・・







主にこの3人が物語の中心に関わる人物です。
他にも主要キャラクターはいますけど、物語の根幹には関わってこないので事前に知っておくのはこの3人でいいと思います。


そして登場人物紹介の中で何度もその名前がでてきた機械人形がこちら

hugo4.png

不気味です、とっても不気味です。
何が怖いってどこを見つめているのかわからない目がとっても怖い。
あ、不気味ですがいきなり動いたりして心臓に悪い系のキャラではないのでご安心を。

これがヒューゴの唯一の友達で話の鍵を握っています。
冒頭ではこの機械人形は何かを書くために作られたということだけが判明していて、ヒューゴは彼を直せば彼はなにかメッセージを書くのではないかと思っています。






・知っておくといい知識

この映画に登場するジョルジュ・メリエスとその奥さんは実在の人物がモチーフになっています。
ジョルジュ・メリエスのことを調べるともしかしたらネタバレになってしまうかもしれないので事前にジョルジュのことを調べるかは自己責任でおねがいします(笑)

あと、小ネタですが今作で共演しているエイサ・バターフィールドとベン・キングズレーは最近公開されていた映画『エンダーのゲーム』でも共演しています。

エンダーのゲームの原作レビューはこちらから。よかったらこちらもどうぞ。

主要キャストが別の映画でも主要で共演してると「お!」ってなりますよね。





今回は僕なりのこの作品の宣伝と主要キャラの紹介をしましたが、いかがだったでしょうか。
次回は作品の内容に踏み込んでいくので、次回の記事を見る前にこの作品を見てもらえたら嬉しいです!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sho

Author:Sho
映画好きな大学院生♂です。
主に見るのは洋画、邦画はあんまり見ないかな。
好きなスターにはファンレターを書いてみることも。
海外スターにあったことがないから、実際に会うのが目下の夢!
Chloe Grace Moretzの大ファン。クロエがらみの記事が多めです(笑)
プロフの写真は男装(?)のクロエちゃん。

僕の記事を読んで映画を見る参考にしていただけたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
★ (3)
検索フォーム
映画関連
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。