スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムービー43 感想・ネタバレはちょっとだけ

51DUirsaAsL_l.jpg

原題:MOVIE 43
製作年:2013年
製作国:アメリカ
日本公開:2013年8月10日
上映時間:1時間34分
監督:ピーター・ファレリー、グリフィン・ダン、ブレット・ラトナー、スティーヴン・ブリル、エリザベス・バンクス、ジェームズ・ガン、ウィル・グレアム、スティーヴ・カー、グリフィン・ダン、ジェームズ・ダフィ、ジョナサン・ヴァン・タルケン、エリザベス・バンクス、パトリック・フォーシュベリ、ブレット・ラトナー、ラスティ・カンデッフ、ジェームズ・ガン
出演:エリザベス・バンクス、クリステン・ベル、ハル・ベリー、レスリー・ビブ、ケイト・ボスワース、ジェラルド・バトラー、キーラン・カルキン、ジョシュ・デュアメル、アンナ・ファリス、リチャード・ギア、テレンス・ハワード、ヒュー・ジャックマン、グレッグ・キニア、ジョニー・ノックスヴィル、ジャスティン・ロング、クリストファー・ミンツ=プラッセ、クロエ・グレース・モレッツ、クリス・プラット、リーヴ・シュライバー、ショーン・ウィリアム・スコット、エマ・ストーン、ジェイソン・サダイキス、ユマ・サマーン、ナオミ・ワッツ、ケイト・ウィンスレット




評価
★★★ 3/5



あらすじ
脚本家のチャーリー(デニス・クエイド)は、ハリウッドの大物プロデューサー(グレッグ・キニア)のオフィスに乗り込み、自分の映画企画を何とか売り込もうとしていた。彼がうれしそうにまくしたてる驚きの内容に、経験豊富なプロデューサーは……。(シネマトゥデイより引用)







上のパッケージをレンタルショップで見たことがある方はいるでしょうか?
出演俳優が超豪華にも関わらずどこのレンタルショップにも2~3本しかおかれておらず、しかも目立たない段においてあるのでそもそもこの映画知らないって人もいるんじゃないかと思います。

しかも見つけたとしてもパッケージを見ても何の映画なのかさっぱりわからない。これ借りるつもりじゃないと借りようと思わないですよね(笑)


この映画はどういうノリで作られたのかよくわからないけどただただしょうもない映画です。
豪華キャストが出演しながらも批評家によって酷評されたというとんでもない映画でもあります。パッケージの表示をしたかったのでAmazon載せましたが買うほどの作品ではありません(笑)


そしてこの映画、なんとばらすようなネタがありません!
なので今回のレビューはほぼほぼネタバレなしで書いていきます。












は?

映画レビューでネタバレすることがないってどゆこと?
って思った方いると思いますが、この映画、本当にばらすネタがないんです。
というのも、この映画は脚本家がプロデューサーに作品を売り込もうとして自分の持ち込みネタを語るという話の大枠があるものの、各10分位の短編作品の集合体、それもかなりくだらないものなんです。
なのでばらすネタがないというわけです、この記事みてネタバレ知ろうと思った方ごめんなさい。


要は、豪華キャストたちがプロデューサーの持ち込みネタの中でちょこちょこ登場し、下品なネタを披露しては次のネタに移るというのがずっと続く映画なんですよ。

それで、短編作品ごとに監督さんが違うので冒頭の映画情報のところに監督が大量にあがっているってわけです。



ぼくは監督についてはあまり詳しく知らないのですが、監督に詳しい人は短編作品でも監督の作風が現れてるのがわかったりするのかもしれないですね。そろそろ監督に詳しくなりたいなぁ。






で、これじゃあまったく映画の紹介にもなっていないのでその短編作品の中から一話だけ紹介。
紹介するのはもちろんクロエちゃんが出ている作品『中学生のデート』です(笑)
あ、短編ごとにタイトルはついてますが作品内で述べられることはないです。

chloe_moretz_movie_43_01.jpg



・ストーリー要約
アマンダ (クロエ・グレース・モレッツ)はネイサン(ジミー・ベネット)との家デート中に初めての生理をおこしてしまう。アマンダはそれを隠そうとするも、ネイサンと彼の兄(クリストファー・ミンツ=プラッセ)に見つかり大騒ぎ。兄はふざけててネイサンは生理を知らなくてアマンダが死ぬんじゃないかと大騒ぎし、結局一番冷静なのは当のアマンダ本人で、アマンダは騒ぐ二人に呆れながら迎えに来た父と一緒に家に帰る。


こんな話です。他の話もこんな感じなので、ばらすネタがないというのがわかってもらえると思います。



ただ、僕はこの話結構好きです。


なぜか。それはこの話がクロエ好きならクスっとなる演出が多いからです。



まず、話の中心になっている生理で大騒ぎ

これはクロエちゃん主演の映画『キャリー』でキャリーが冒頭にいじめを受けるシーンと同じネタです。
『キャリー』の方では生理を知らなかったキャリーが同級生にからかわれ、いじめられるという悲しいシーンでしたが、こちらはボーイフレンドの方が生理を知らず、兄と共に大騒ぎをするというコミカルなシーンになっています。


こういうとこちらの映画はキャリーをパロったのかと思えますが、なんとムービー43の方がキャリーより公開早いんです。しかも半年以上。
これは偶然なのか、それともキャリーに主演することが決定したのを知ってから撮ったからこういうことができたのか(『キャリー』はリメイク映画なので話がわかっている)、気になります。


その『キャリー』についてのレビューも以前しているので、気になる方はこちらから





そしてもう一つ、クリストファー・ミンツ=プラッセとの共演です。
クロエちゃんと彼は『キック・アス』シリーズでも敵味方として共演しています。しかも今作と同じように冷めたキャラのクロエちゃんと、道楽息子なクリストファーというキャラの性格もそっくりです。

クリストファーが最初に出てきたときは思わず笑っちゃいました。
この作品でもそういう性格のキャラ同士で共演するのかと(笑)
この点に関してはキック・アスを意識しているんじゃないかなと思いました。


キック・アスシリーズのレビューはこちらからどうぞ









とまぁ、全体の概要とその中の1作品だけ取り上げてレビューしましたが、何度も言うように作品自体は下品な短編作品集です。
で、内容だけだったらまぁ別に見なくてもいいんじゃない?って感じなんですが、洋画を楽しく見たい!っていう方には是非見てほしいと思ってます。



なぜか?





海外スターにちょっと詳しくなれるからです!
この映画に出てくる俳優さんたちはみんな有名俳優なので、映画をちょこちょこ見る人なら名前か顔は見たことがある人が半分くらいいると思います。

そして名前や写真しか知らなかった俳優の演技がちょっとづつ見れると考えると、この映画は日本人にとってはハリウッドスター紹介映画としてすごいいいのではないかと思います。

僕もリチャード・ギアの作品を見たことがなかったのですが、この映画ではじめてみました。



なので、実際に演技をしているイケメン・美女俳優をさがしてその人の映画を見ようかなっていうノリで見てみたらどうでしょうか?

あまりのくだらなさにびっくりですが、見終わったら気になる俳優さんができているかもしれませんよ。
有名スターの演技がたくさん見れるという点を評価しての★★★です(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sho

Author:Sho
映画好きな大学院生♂です。
主に見るのは洋画、邦画はあんまり見ないかな。
好きなスターにはファンレターを書いてみることも。
海外スターにあったことがないから、実際に会うのが目下の夢!
Chloe Grace Moretzの大ファン。クロエがらみの記事が多めです(笑)
プロフの写真は男装(?)のクロエちゃん。

僕の記事を読んで映画を見る参考にしていただけたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
★ (3)
検索フォーム
映画関連
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。