スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーシージャクソンとオリンポスの神々/魔の海

cd759d48c6a433a01f740b60e51a73ed.jpg

原題:PERCY JACKSON: SEA OF MONSTERS
製作年:2013年
製作国:アメリカ
日本公開:2013年11月1日
上映時間:1時間46分
監督:トール・フロイデンタール
出演:ローガン・ラーマン、ブランドン・T・ジャクソン、アレクサンドラ・ダダリオ、ジェイク・アベル



評価
★★★★★ 5/5


あらすじ

ギリシャ神話でも知られる海の神ポセイドンと人間の母の間に生まれた、ハーフゴッドのパーシー(ローガン・ラーマン)。謎のクリーチャーに襲われた彼は、それを きっかけに人間界と神々の世界の境目にあった結界が破られ、ハーフゴッドの世界を守るタレイアの木が枯れようとしているのを知る。また、その裏にはポセイドンらによって封印された神々の父クロノスを復活させようとする陰謀が関与していた。クロノスの復活を食い止め、世界を救うべく、パーシーと仲間たちはタレイアの木の再生の鍵となる黄金の毛皮を探し求める冒険に出発し……。
(シネマトゥデイより引用、部分改変)





アナを見に行こうと思っていたんだけれど、最近あったかくて雪の映画なんか見に行きたくないなってことで未だ見ていない今日この頃です。

そんなわけで、今回のレビューは最近リリース・レンタル開始されたパーシージャクソンシリーズの二作目です。
といっても、僕は一作目『パーシージャクソンとオリンポスの神々』見てません!
そんなやつがなんでこれ見たのかといいますと、レンタルショップ行ったときになーんとなく面白いかも?って思ったから、そんだけです(笑)
一作目からみろよっていうツッコミはあると思いますが、そこであえて二作目から入ったらどうかなーっていう興味が沸いちゃったんでとりあえず二作目だけ見たって感じです。

結論からいうと普通に二作目から見ても話についていけます。
この人なんの神のハーフゴッドなんだろっていう疑問はあっても登場人物のやろうとしてること自体が???っていう場面は一度もなかったのでいきなりここから入っても充分楽しめますよ。

ちなみにハーフゴッドってのは見た目人間、親の能力or加護を受け継いだって感じのキャラクターでそれぞれ得意分野だったり能力があります。


ハリーポッター好きな人は同じノリのファンタジー物なので見てみるのもアリだと思います!
SF・ファンタジー好きのぼくとしては★★★★★の作品でした!





~以下感想にネタバレあり~













・ストーリー+美人さんの話

先ほどのストーリーにネタバレ要素を加えると、、、

その昔、主人公達がハーフゴッドの集まる村に来る途中、サイクロプスに襲われて仲間達のうちの一人、タレイアが仲間をかばって犠牲になってしまいます。
そしてタレイアは死後ゼウスの力によって村を守る木になります。

キャプチャ
↑暗くてみづらいけどこんな感じ。倒れたところから木が生えてます。


ところが、クロノスの復活を目論むルーク(ジェイク・アベル)がタレイアの木に毒を塗ってタレイアの結界を破壊。
結界がないと村が危ない(ハーフゴッドさんたちは地味に弱い・・・)ってことで何でも治す黄金の毛皮を求めてパーシーたちは毛皮を持つ巨大なサイクロプスの元へ向かいます。


キャプチャ2
サイクロプスの肩に乗ってるのが毛皮です。



そして黄金の毛皮を手に入れるも、毛皮は死者すら治癒するらしくクロノス復活を目論むルークに横取りされて、クロノスを復活させてしまいます。

で、クロノス出てきてヤバイ!ってなるんですが、そこは復活したばっかりで弱いところをパーシーに父ポセイドンから受け継いだ剣で切られて再び封印されます(笑)


これで一件落着、毛皮も取り返し、タレイアの木を治すことに成功する、、、んですが、毛皮の効果でなんとタレイアがよみがえります!毛皮の効果もう滅茶苦茶です、チートアイテムですよ。

で、そのタレイアがかわいい!次回作のキーパーソンになりそうな雰囲気で話が終わるんで次回活躍してくれるといいなぁv(。・ω・。)♪

キャプチャ3
左の黒髪がタレイア。かっこかわいいです!ライダースなのがかっこいい!


この世界で過去にクロノスを倒した三神がポセイドン、ゼウス、ハデスの三人で、タレイアはゼウスの子だということなので強いんじゃないかな。




ちなみにこのタレイア役の方、パロマ・クワイアトコウスキーという役者さんなのですが、日本版wikipediaがないどころか海外版wikipediaも全然書いてない・・・・・。このシリーズが出世作になったりするんじゃないかと楽しみです。




しっかし過去に暴虐の限りを尽くした邪神みたいのよみがえらそうとする連中ってよみがえらせた後よみがえった側から特に感謝もされないどころかひどい目にあうこと多いですよね。
もちろんルークもクロノスに食われかけるっていう散々な目にあってました。




・神話の生き物達

この作品にはサイクロプスとか海馬とか、神話の生き物たちが何体か登場します。
ゼウスだのポセイドンだのは今作では登場してないけど前作では登場してたみたいです。

この神話の生き物達の登場具合が多すぎず少なすぎずって感じで、ハリーポッターの人間じゃないキャラクターと同じくらいの頻度なのでこれがまたハリーポッターっぽさをかもし出させてるのかもしれません。
ハーフゴッドの村がホグワーツに近い感じもありますね。








パーシージャクソンシリーズ、原作は五巻で完結していて、今作は原作の2巻目と同じタイトルなのでこれはあと3作でるのかもしれません。
興行収入がイマイチで途中打ち切りとかにならないで欲しいなぁ。
僕は★★★★★つけましたが、批評だとあまり評判は高くないみたいなので心配です・・・


ちなみに今週のTSUTAYAランキング1位みたいですよ!自分が面白いと思った作品をみている人が多いのは嬉しいです^^
あ、先日紹介した『キャリー』も4位にランクインしてます。こちらもあわせてどうぞ。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sho

Author:Sho
映画好きな大学院生♂です。
主に見るのは洋画、邦画はあんまり見ないかな。
好きなスターにはファンレターを書いてみることも。
海外スターにあったことがないから、実際に会うのが目下の夢!
Chloe Grace Moretzの大ファン。クロエがらみの記事が多めです(笑)
プロフの写真は男装(?)のクロエちゃん。

僕の記事を読んで映画を見る参考にしていただけたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
★ (3)
検索フォーム
映画関連
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。