スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キック・アス/ジャスティス・フォーエバー ネタバレあり感想

キックアス2

原題:KICK-ASS2
製作年:2013年
製作国:イギリス・アメリカ
日本公開:2014年2月22日
上映時間:1時間43分
監督・脚本:ジェフ・ワドロウ
出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ジム・キャリー

評価
★★★★だけどクロエちゃんの演技がやばいので★★★★★



2月22日に公開された『キック・アス/ジャスティスフォーエバー』見てきました!
前作『キック・アス』が面白かったのはもちろん、主演のクロエちゃんのファンということで公開初日に見に行ってきましたv(。・ω・。)ィェィ♪


「ジャスティス・フォーエバー」っていう副題、これてっきり原題なんだと思ってたら日本で勝手につけた原題なのね・・・。海外だと「タイトル+副題」ってするイメージあるからそうなのかと思ってたんだけどな。逆に日本だと「タイトル+通し番号」ってするイメージある。今作だとそれが邦題と原題で逆になってたからビックリ。

予告編はこんな感じです↓


なんの能力もないなりきりヒーローのデイブ/キック・アス(アーロン・テイラー=ジョンソン)が幼少のときから暗殺術を仕込まれた天才暗殺者のミンディ/ヒット・ガール(クロエ・グレース・モレッツ)と共に街の平和を守るために戦うっていう話です。ヒーロー映画なのに超能力を持ってる/使えるキャラは一人も登場しないっていうのが身近な感じがしていいと思ってます。ヒット・ガールがかわいいのに滅茶苦茶強いから戦闘シーンは見ててとっても楽しい!


R15+指定映画になってるだけあってちょっと残虐なシーンがあります。しかも、前作よりもその気は強いかな・・・。あ、スプラッター系とかではないですよ。あと結構下品です、下ネタ嫌いな人はご注意!(笑)

前作は学園に通ってなかったミンディが今作では学園に通うようになるのでヒット・ガールのコスチューム着てないシーンがいっぱい見れます。学生してるクロエちゃんまじかわいい^^
監督が前作からかわってるけど(前作監督のマシュー・ヴォーンは今作では製作)、ノリとかは前作のまんまだったのは安心したね。監督かわると雰囲気変わる作品とかあるからねぇ・・・


~以下感想にネタバレあり~

















ヒット・ガール魅力増しすぎでしょ!!
前作に出演したときはまだ幼かったクロエちゃんが今作では16歳になってて前作が「戦う子供」って感じだったのに今作では「戦う美少女」になってます!
ただ、欲を言えば前作レベルで悪人をバッサバッサ容赦なくぶっ殺して欲しかったなぁ。。。今作は前作に比べてヒット・ガールの残虐殺戮シーンが少ないんです(´_`。)ビック・ダディが死んでダディの元同僚のマーカスがミンディを引き取ってまともな女の子に育てようとするっていう経緯があるからしょうがないんだけども。

でも大量殺戮の代わり?にあったクライマックスでのマザー・ロシアとの戦闘はかなり楽しめました。前作終盤でのフランク・ダミーコ(マザーファッカーの父)との戦い、早々に銃叩き落としておきながら負けたのはキック・アスに見せ場作るためにしか見えなかったけど、今回は追い詰められながらもしっかり勝ってヒット・ガール最強っていうのを見せつけてていいシーンでしたよ!
クライマックスの戦いの前にマザー・ロシアが警官隊を虐殺するシーンがあるんですけど、そのシーンが生身の戦闘なはずなのに迫力満点で、それを見せられた後のヒット・ガールの勝利はもう、「おお強ぇ!!!」って感じでしたね、必見です!


ここまでヒット・ガールの感想しか書いてないけど、ホントにヒット・ガール好きにはたまらないつくりになっているんですよ(★ ̄∀ ̄★)

一応他のキャラの話もしとくと、キャラクターの厨二病感は前作にも増してひどくなってた気がします(笑)
レッドミストが悪のヒーローになるにあたって改名した名前がマザーファッカーって時点で十分ひどいんですが、その彼が配下の悪人達に勝手にヒーロー名を考えていくシーンなんか完全に厨二です( ̄ー ̄)どうしようもないクソガキ感が半端なく漂ってます。あと、キャプテン・アメリカをものすごくダサくしたようなバトル・ガイのスーツなんかも結構キてましたねぇ、あれは・・・




海外での興行収入はイマイチだったっぽいですが、僕としては前作以上に楽しめたのでよかったかなーと思います。というか、ヒット・ガールが好きな人・クロエちゃんのアクションシーンが見たい人は劇場で見て損はないです、これは断言できます!
この表情なんか最高!
mindy_has_a_gun.jpg

雑誌インタビューによれば今回もクロエちゃんほとんどのアクションシーンを自分でやったっぽいんで、そんなアクションを是非劇場で見てみてください!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sho

Author:Sho
映画好きな大学院生♂です。
主に見るのは洋画、邦画はあんまり見ないかな。
好きなスターにはファンレターを書いてみることも。
海外スターにあったことがないから、実際に会うのが目下の夢!
Chloe Grace Moretzの大ファン。クロエがらみの記事が多めです(笑)
プロフの写真は男装(?)のクロエちゃん。

僕の記事を読んで映画を見る参考にしていただけたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
★ (3)
検索フォーム
映画関連
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。