スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X-MEN ネタバレあり感想

XMen1poster.jpg

原題:x-MEN
製作年:2000年
製作国:アメリカ
日本公開:2000年10月7日
上映時間:1時間44分
監督:ブライアン・シンガー
出演:ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート、ハル・ベリー、イアン・マッケラン


評価
★★★ 3/5



あらすじ
突然変異で特殊能力を身につけた人間が現れだした近未来、突然変異の集団=ミュータントたちは奇形種とみなされ人間達から迫害を受けていた。ロバート・ケリー上院議院は全てのミュータントたちの危険性を暴露し、「ミュータント登録法案」の必要性を強調していた。これに対してマグニートー(イアン・マッケラン)率いるミュータントテロ組織「ブラザーフッド」は人類をみなミュータントに進化させようと暗躍しており、人類とミュータントの共存を望むプロフェッサーX(パトリック・スチュワート)率いるミュータント(=X-MEN)達はマグニートーを止めるべく戦いを挑む。




古い映画なのでいつもと違って予告編見つけられませんでした、すいません・・・






今日の作品は2000年公開と少し古めの作品です。
が、X-MENシリーズ自体は過去の作品でもなんでもなくて去年『ウルヴァリン:SAMURAI』が公開されたり、今年5月には『X-MEN: フューチャー&パスト』の公開が控えていたりと今でも続いている大人気作品で、公開予定の最新作を含めると計7作が作られています。

まぁ、それだけ長いので新しく見ようと思う人にとっては敷居が高いと思いますが、この記事をよんで少しでもX-MENシリーズに興味をもってもらえたら嬉しいです。

かくいう僕も友達に勧められて今週初めてこのシリーズ見たんですよ(笑)でも見始めたら面白くてシリーズ一気に見ちゃいました。
面白いっていってるくせに★★★じゃんって思うかもしれませんが、★★★なのはこの作品が続編ありきで作られているからです。
評価は映画一作品ごとにつけてるので、続編物をその作品だけで見たときには評価落ちること結構あるんです><
この間のパーシージャクソンなんかは単体で見ても面白かったですけどね。

X-MENはシリーズ通してならもちろん★★★★★でオススメしたい作品です。
有名な俳優さんもたくさん出てますしね。
レミゼのヒュー・ジャックマンの他にも、ロードオブザリングでガンダルフやってるイアン・マッケランさんなんかも日本ではなじみが深い俳優さんだと思います。




そしてこの映画、『アベンジャーズ』シリーズでおなじみのマーベル映画なんです。
マーベルには映画化するに値するすばらしい作品がものすごい数あるってどなたかがなんかのインタビューで言ってた(忘れちゃいました・・・)通り、スーパーヒーローものはマーベルの十八番ですね!
アベンジャーズプロジェクトよりもX-MENの方が超能力モノなので、超能力戦闘が好きな方はX-MENの方が好きかもです。
まぁ、かくいう僕はどっちがいいとは決めがたいんですけども(笑)




~以下感想にネタバレあり~













・超能力

この映画では実にいろんな超能力が登場します。
でもその中には「この能力いらねぇ」って思うものもあったりして、残念な能力を身につけちゃったミュータントはどうするんだろうってどーでもいいこと考えちゃったりしました(笑)

一応主役(?)キャラのヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンの能力はアダマンチウム合金でできた爪を手の甲から出せるっていうのと、不死身の再生能力です。
X-Men-hugh-jackman-as-wolverine-19520774-500-348.jpg
こんな感じ。爪が出るときは皮膚が裂けるので痛い、らしいですけど再生能力あるから関係ないですね。

能力二個あるっぽく見えますが再生がミュータントとしての元々の能力で、爪に関しては続編で語られます。
だから今作だけ見るとちょっと謎がおおかったり・・・。


ちなみに僕の一番好きな超能力はハル・ベリー演じるストームの天候を操る能力です。
個人的にはこの能力作中最強じゃないかとか勝手に思ってるんですけど、強いキャラの能力の強さのベクトルが大分違うのでなんともいえないんですよね。
ちなみにストームは作をおうごとに活躍の場面が増えていきます。
ハル・ベリーさんを出番の少ない脇役にしとくのはもったいないですし、このキャラクター好きなので僕は嬉しかったです。
161136_004.jpg
能力使うときには目が白くなります。能力のスケールがでかいだけになかなか怖い


敵の大将マグニートーは金属を自由に操る能力でこれもかなり強いですし、プロフェッサーXのテレパスも直接戦闘しないで勝てる能力なのでかなり強いです。


ネタバレありとはいえ各キャラの能力を全部書いてるときりがないのでこの辺にしときますが、スケールのでかい能力持ちのミュータントがたくさんいるので是非見るときチェックしてみてください!




・話の謎

この話、第一作目なのに結構謎が多いです。
ウルヴァリンが何者なのかは一作目ではわからないまま映画が終了するし、X-MENの一員サイクロップスがなんでグラサン常時装着なのかは終盤になるまでわからなかったりとシリーズ一作目にしては説明はなかなかに不十分です。
ただ、話の本筋とは関係が薄いのでなんとかなっているって感じです。

この作品を見ててついていけてない部分があるなぁって思う人はそれ多分ついていけてないんじゃなくて単純にまだ語られてないだけだったりすると思うんで安心してみてればいいと思います(笑)

今作の最後は過去を忘れているウルヴァリンが自分の過去を探しに行くためにアルカリ湖(二作目のメインとなる舞台)に向かうシーンで終わりますし。





話が割とシリーズ通して繋がっているので一作目のネタバレとして書けることが少ないのでなかなか曖昧なレビューになっちゃいましたが、いかがだったでしょうか。
見るときは二作目までみると結構話の謎がわかってくるので、レンタルするなら一気に二作目まで借りて見るのがいいと思います。一作目だけ見ると「続き物なんだなぁ・・・」って思うことうけあいです。



『X-MEN: フューチャー&パスト』は全米公開と日本公開が1週間しか違わない予定の作品なのでヒュー・ジャックマンはじめ主要キャストが来日する可能性もあります!
なので主要キャスト好きな方、マーベルもの好きだけどこのシリーズはまだ見てないって方は特に、それ以外の方も是非5月の公開までにこれまでのシリーズを見てみてはいかがでしょうか。

最後に次回作の予告編を貼っておきます
スポンサーサイト
プロフィール

Sho

Author:Sho
映画好きな大学院生♂です。
主に見るのは洋画、邦画はあんまり見ないかな。
好きなスターにはファンレターを書いてみることも。
海外スターにあったことがないから、実際に会うのが目下の夢!
Chloe Grace Moretzの大ファン。クロエがらみの記事が多めです(笑)
プロフの写真は男装(?)のクロエちゃん。

僕の記事を読んで映画を見る参考にしていただけたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
★ (3)
検索フォーム
映画関連
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。